DUOTONE 2020EVOをテストライド

DUOTONEで最も人気のあるカイトと言ってもいいEVOをアンダーからオーバーまでテストすることがでました。
EVOはデルタシェイプのフラット3ストラットカイト。
同じデルタシェイプNEOに比べてかなりカイトが開いているのが特徴で、それは長い対空時間が可能と言うことを意味します。DUOTONEにはもう一つ5ストラットのフラットカイトREBELがありますが、EVOは3ストラットの方が圧倒的にカイトターン性が高くなります。つまりEVOは対空時間が長いエアーが可能でカイトターンが早いカイトです。2020モデルでは大きな変更された点があります。1つはブライダルのプーリーがなくなった事。プーリーがなくなればより遊びのないダイレクトな操作性が可能となり、これまで以上にスライド系トリックやエアー向きのカイトとなりました。もう1点はトレイリングエッジのダクロンパターンが新しくなりました。これはカイトのフラッターを極限に抑えパネルのひび割れを防ぎより長く使えるカイトになりました。ではEVOはどんなライディングスタイルに向いているかと言うと、フラットカイトなのでアンフックパストリックに必要なラインテンションの抜けはVEGASやDICEほどないためフックインのライディングがメイン。
そしてジャストサイズでもリフト力が必要なトランジッションやダークスライドなどスライド系トリックを好む方向け。普通なら8で乗るところを10で乗りましたがオーバーでもパープレッションがあまり感じられないので、かなり風域が広くオーバーサイズでも楽しめるカイトです。初めて使ったときは7でアンダーでしたがそれでも十分なリフト感が得られてフラットカイト特有のグングンと風を掴んでスピードに乗るカイトでした。フラットカイトなのでカイトターン性はNEOよりは劣るので、サーフボードでフラットトリックをする方以外はサーフボードとの組み合わせはおすすめしません。ずばりMKSURFではアンフックトリックよりフックイントリックを好み、ビッグエアーだけではなくカイトサーフィン独特のスライド系トリックが大好きなライディングスタイルの方におすすめします!

この記事をシェアする