JPKA フリースタイル CKBチャンピオンシップ琵琶湖

9/30,10/1は毎年琵琶湖で行われるフリースタイルの大会でした。
フリースタイルとはアンフックトリックやハンドルパス系を決めるスタイルを練習しているカイトサーファーの事で全国でもかなり少数派スタイル。なぜ少数派なの?それは身体のキレと筋力がかなり求められるから。
フリースタイル選手のほとんどが20代30代が多くトップ選手となれば小学生くらいから始めています。そんな中でもナオキさんのように50歳近くでも全国に練習している方もいますが。笑

年齢の話はさておき、今回はMKSURFから7名の選手が参加しました。
僕は毎年ヘッドジャッジでの参加です。
ジュンキは2週間前にレイブラをメイク出来るようになって参戦した今回は見事オープンクラス2位!チョッピー海面ではブラインド系の技は弾かれるリスクがありメイク率が下がりますが、琵琶湖と同じチョッピー海面の富津で練習していたジュンキにとっては問題なかったのでしょう。おめでとう!

ビギナークラスのツヤちゃんとカトちゃんはしっかり持ち技をメイクして、今持っている力を全部出しきったかな。
カトちゃんはビギナーにしてハングタイムクラスでは3位になりました!

ニシさんはアンフックを捨てた?勘違いしてた?のかフックインのスピンで勝負!得点は低かったものの、トリプル+カイトループはかなり会場が湧きました。そのあと他の選手にカイトを引っ掛けてラインが切れてしまいましたが。笑

ヒトッシーもしっかりとアンフックトリックを決めて持ち技を出しきった感じ。次回はブラインド系をレパートリーに入れれるといいね!

シズオさんは急遽参加で得意のビッグエアーのスピングラブでいつものようにぶっ飛んでました!

そして今回かなり練習して来たナオキさんはアンフックとフックイントリックを織り交ぜながら初戦は突破。
次のヒートで琵琶湖がホームのソウくんと対戦。キレのあるトリックを連発してこのまま勝ち上がり!と試合終了1分前にソウくんがジャッジをメイク!アンフックトリックをいくら完璧に決めてもパス系1本には得点が及ばす負けてしまいました。
来年また頑張りましょう!翌日の天竜川では完璧なジャッジ3をメイクしてました。

試合は緊張感と限られた時間の中で100%の力を出し切る事は難しいとされてますが、みんな持ち技をしっかりと決めてる事が出来たのは普段頑張って練習してきた成果。普段一緒に乗ってるメンバーだけにとても感動しました。
また来年に向けてみんなで練習練習。

この記事をシェアする